カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[芸能]きわどいウェブサイトが閉じられない大臣たち カンボジアウォッチニュース
2008年12月19日

セミヌードのアプサラダンサーたちのエロチックな絵を載せたウェブサイトは、米国に置かれているため閉鎖させることは不可能だ、と2人の政府関係者が木曜に語ったが、女性省はこのサイトの閉鎖を求めている。

Sy Define女性相は電話で、米国イリノイ州に登録されているReahu.netを閉鎖するようソー=クン郵電相に要請する書簡を今日送る予定だと述べた。

「こういう絵は不愉快な社会的感情をひき起こし、とくにカンボジア女性の気持ちを傷つける」とSy Define。

同省はまた、このウェブサイトの所有者にも手紙を送り、なぜカンボジア女性をこのように描くのか訊ねる予定だ、とSy Define。

国内紙は水曜、このサイトに載っている数々のきわどい絵について報道し、その一例として、クメール=ルージュ幹部の服装を着たトップレス女性の絵を紙面に転載した。

このウェブサイトの所有者であるカンボジア系米国人のRick Lorは木曜に電子メールで、自分の芸術を擁護して、自分のサイトに関して多くの苦情を受け取っているが、そうした批評に同意はできないと述べた。また同氏は、いかにして「称賛は不名誉に変わりうる」かはわからないとして、人々は開かれた心を保つ必要があると語った。

「苦情の内容は、私のアプサラ描写はセクシーすぎて、クメール文化を貶めるというものだ。この人たちはこれまで30年ぐらいどこに隠れていたのか?」と同氏。

「言わせていただけるなら、もし何か絵の具を持ってアンコールワットへ行き、壁のアプサラ彫刻に色を塗ったなら、私のサイトにある絵とそっくりになるはずだ」

「表現の自由は私の信念なので、私のウェブサイトを取り下げることはしない」と同氏。

ソー=クンとキエウ=カニャリット情報相はともに、このサイトを閉鎖したり国内のサーバによってブロックしたりすることはできないと語った。

「国外にあるので我々には閉鎖できない。もしカンボジアにあったなら話は簡単だっただろう」とソー=クン。

女性相からの要請を受け次第、郵電省はこのウェブサイトの所有者へ手紙を送り、自発的にサイトを閉じるようお願いする予定だ、とソー=クン。

政府広報官でもあるキエウ=カニャリットは、このサイトをブロックする予定はなく、またこの件は政治的に重要なことでもないと語った。



2008年12月19日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.