カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[芸能]象のサンボが50歳、ポル=ポト時代生き抜く カンボジアウォッチニュース
2010年01月18日

カンボジアの首都プノンペンの中心部ワット=プノムで17日、象のサンボの50歳の誕生日を祝うパーティが開かれた。僧侶5人と100人を越す地元住民や観光客がサンボを祝福した。楽団がハッピーバースデーを奏でた。

サンボの飼い主シン=ソーンさん(53)は、「誕生日を祝ってもらうのは彼女にとって生まれて初めて。象が誕生日を祝ってもらうこともプノンペン史上初めて」と述べるとともに、サンボとの波乱に満ちた思い出を語った。

サンボは42年前、ソーンさんの父とコンポン=スプーの森で出会った。クメール ルージュ時代の4年間、サンボはソーンさんらから引き離され、田畑で酷使され、すべてのカンボジア人と同じ辛酸をなめた。しかしクメール ルージュが放逐された後、彼女はソーンさんと再会を果たす。

「彼女の足はクメール ルージュによって斧で切りつけられており、彼女はほとんど死にかけていました」ソーンさんが指さすサンボの左足のかかとには、痛々しいえぐられた痕が残る。「サンボも私も、ともに辛い時代を生きてきました。サンボは私の妹も同然です」とソーンさん。プノンペンへやって来たのは1982年だという。

プノンペンには現在、象はサンボ1頭しか住んでいない。ソーンさんは、サンボのためにお婿さんを見つけてやりたいと語り、もし見つけることができたなら、盛大に結婚式を開いてやりたいと語った。

サンボは一日70キログラム食べる。観光客にバナナを売って食べさせてもらったりしているが、正直、食べさせていくのが大変だとソーンさんは悩みを打ち明けた。

サンボは日々プノンペンの街を練り歩いており、プノンペンに暮らす人や観光客は、頻繁に彼女の姿を目にすることができる。彼女はプノンペンの歴史と風景の欠かせない一部である。



2010年01月18日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.