カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[経済]経済成長で会計技能の需要高まる カンボジアウォッチニュース
2008年10月02日

公認会計士は、カンボジアの求人市場において人気商品となっている。急速な経済成長が、新しい種類のプロフェッショナルを求めているためだ、と業界の専門家は言う。

この需要が伸びている原因は、国の経済開放度が高まりつつある中、多くの企業がやって来て、単なる簿記業務以上のものを求めているためだ、と会計の業界人は述べた。

「短期的には、[会計士の需要は]経済成長の伸びよりも急速に伸びるだろう」、具体的には5〜8パーセント、と予測するのは、プノンペンにある会計学校CamEdの校長Casey Barnett。「5年の地平の後には、経済と相伴って伸びるだろう」

「10年前だったらある程度の技能でOKだったと思う」と語るのは、HR Inc Cambodiaの求人マネージャーDavid Symanski。同社は会計士やその他のプロフェッショナルを他社のために雇用している。「今や多くのフォーチュン500企業がカンボジアに来つつあり、なんでも高度にこなせる人材を求めている」、具体的には税務処理・公的会計監査・組織管理・英語能力などだという。

カンボジアでこの条件に合う層は非常に薄い、と同氏。

「米国では、会計士の求人を1件出せば、10人の応募があるだろう。ここではほとんどその逆だ。つまり10件の求人に対して、来るのは同じ人間ばかり」とSymanski。

多くの学校は、この需要に追いつこうとしており、会計課程に入る学生数は増加しつつある。

英国に拠点を置く勅許公認会計士会(ACCA)のカンボジアにおけるマネージャーHin Sopheatによれば、カンボジアでACCAに登録している学生は、昨年は800人程度だったのが増えて、今は1000人以上いるという。

CamEdは、カンボジアでACCA試験に向けた勉強ができる唯一の学校であり、その学生数は1年前の300人から今は500人になった、とBarnett。目標は来年1000人、と同氏。

「会計はこれまでも、そして今も、学生に非常に人気の専攻だ」と国立経営学校の指導教官兼教授Stephen Paterson。「会計はつねに、人々が仕事を見つけやすいと感じる分野の一つだ」と同氏。

Norton大学の4回生Seng Vanda(23)が会計を学ぶことを選択したのもそのためだ。

「Norton大学は高い品質[の教育]を与えてくれると信じるし、良い仕事を見つけられる自分の力も信じる」と同女史。他の学生にインタビューしてもみな同じ考えだった。

だが多くの大学は、国際企業が必要とし、またカンボジアが2005年に国家基準として採用した国際基準を教えていない。

「いくつかの点で、教育システムが少々遅れていて、求人市場が求めるスキル水準に達していない」とPaterson。

「我々はACCAと協力して、カリキュラムを作りかえ、企業のニーズにより合ったものにしようとしている」と同氏。

Hin Sopheatは、ACCAがいくつかの主な大学と協力していることを確認したが、その過程は長いと語り、新しいカリキュラムが整う具体的な日付については示すのを避けた。

問題をさらに悪化させているのは、学生を落としたり、教授をふるいにかけたりすることに対する大学側の消極的態度だとCamEdのBarnettは言う。

「どの大学も非常に優秀な学生と、非常に劣悪な学生を輩出している」と同氏。「まともな品質管理をしている大学は全くない」、そのため卒業証書は実際のスキルをほとんど保証しないという。

一方、トップレベルの会計学生はこの不足の恩恵を受けている。

「最高レベルの人材を得ようとすれば、[月給]1200〜2000ドルで探さないといけないだろう。日本から[人材を]呼ぶのと変わらない給与水準だ」とSymanski。 「総じていえば、会計士の需要はあるが、すべての需要があるのだ。営業職もIT職も。ここではすべてが成長しているのだから」と同氏。同氏も今イラストレーターが欲しいのだという。

「芸術家を雇いたいと人々が思うようになるのは、経済として良い徴候じゃないかな」とSymanskiは語った。

2008年10月02日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.