カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[経済]韓国経済の年末復調に期待、識者 カンボジアウォッチニュース
2009年09月23日

カンボジアの今年の経済成長を2.5%のプラス成長と6ヶ月前に予測していたアジア開発銀行(ADB)が、22日発表した報告書「アジア開発展望2009アップデート」で-1.5%のマイナス成長にこれを下方修正したことを受け、カンボジア開発研究所のカン=チャンダラロアト所長は、「韓国経済は今年末に復調すると期待される。韓国の電子製品の売れ行きが好調になると予測されるためだ。これによりカンボジアの経済も、建設分野の投資復帰を通じて好転すると期待したい」と語った。

報告書では、「建設分野の経済縮小は、外国とりわけ韓国からの直接投資の減少によってひき起こされた」と述べており、所長の希望的観測はこれと照応する形だが、報告書ではまた、カンボジアの来年の経済成長予測を4%から3.5%に引き下げつつも、成長がプラスに転じる理由として、世界経済の復調により観光業と縫製業の需要回復が見込まれるためとしており、建設分野についてはプラス要因として触れていない。

カンボジア経済連合会のチャン=ソポール会長は、農業は今年5%の伸びを示すと予測しながらも、これが経済全体を引き上げるとする政府高官らの発言については疑問視し、「私の意見では、景気後退が-1.5%に留まるというこの予測は若干楽天的にすぎる。農業以外の分野が、当初の予想をはるかに超えて足を引っ張る可能性が高い」と述べた。

報告書ではまた、「米国商務省のデータによれば、2009年の最初の5ヶ月におけるカンボジアから米国への衣類輸出は、昨年同期に比べ27%減少した。2009年の最初の4ヶ月における観光客数は3%減少した」と記されている。カンボジア縫製業協会のケン=ルー事務局長は、年末の米国のクリスマス商戦に望みをつなぎたいと語った。

2009年09月23日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.