カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[経済]カンボジア輸出米、付加価値増へ政策提言 カンボジアウォッチニュース
2010年12月22日

アジアの穀倉地帯カンボジアでは、買取資金の不足から、多くの米が籾のまま隣国へ流出している。国策である米の輸出収益増を推進するには、国内で脱穀して付加価値を高めることが有効だが、そのためには、農家からの買取段階で隣国の大資本に対抗できる資金力が不可欠だ。ローロン輸出入社のリム=ブンヘーン社長は、政府によるソフトローンの拡充を求める。「ザ プノンペン ポスト」紙が21日付で伝えた。

「米の円滑な輸出のためには、最低1000万ドルの資本が必要だが、わが社の場合、土地・建物・脱穀機に800万ドルを投じており、米買取の資金は300万ドルしかないのが現状だ。この資本を増やすことができなければ、近い将来、隣国業者との競争の上で大きな問題に直面するだろう」と社長。

カンボジアの米輸出は順調に伸びている。「あと5年で、わが国の米輸出量はタイ・ベトナムに並ぶだろう。生産性の向上と、高性能脱穀機の導入が鍵だ。また灌漑施設を増強することで、乾季を含めた多期作が可能となる。現在、乾季の作付は全国農地の2割でしか行われていないが、これを2015年までに5〜6割に拡大することで、200万トンの収穫増が見込める。カンボジア米は安価なので国際競争力がある」と社長。

農家の収益安定化も重要な課題だ。「当社では農家に、資金や種籾を低利で貸し付けている。また、国内に働き口を確保することにより、国外へのリスキーな出稼ぎをなくしたい考えだ」と社長は語った。

2010年12月22日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.