カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[経済]証券市場通貨、経済財務省と中銀で意見食い違い カンボジアウォッチニュース
2011年03月11日

カンボジア証券取引委員会(SECC)は10日午後非公開会議を行い、開設予定のカンボジア証券取引所における使用通貨を何にするかを話し合った。

会議終了後SECCのフオト=プム副委員長は、ドル建て・リエル建て・両方のいずれで上場を許すかは「センシティブな問題」であり、来週発表されると述べた。

カンボジア中央銀行のグオン=ソカー頭取はこれについて今週「取引所で米ドルを使用すれば、我々は危機管理上の困難を負うことになる」と述べ、リエル建てを支持する同銀の考えを改めて示した。

経済財務省のホン=チュオンナロン長官はこれについて先週「目的はマクロ安定性と経済発展である、ということは我々ははっきりさせなければならない」と述べ、カンボジア経済の実態を反映した米ドル建てを支持する考えを示した。

ADBの専門家はドル・リエル両建てとすることを提案しているが、当のカンボジア証券取引所のホン=ソックフオ理事長は、通貨は一つに絞るほうが取引プラットフォームがシンプルになると述べている。

2011年03月11日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.