カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]「クメール ルージュは米国の爆撃が生み出した」元国王 カンボジアウォッチニュース
2009年04月02日

ノロドム=シハヌーク元国王は先月31日、ベトナム人がクメール ルージュを支援・訓練し、これに武装・協力を与えたとのカンボジア研究家デイヴィッド=チャンドラーの主張に関し、「完全に誤りだ」と3月18日付の新聞のコピーの余白に手書きで表明した。

元国王はまたこの中で、1960〜70年代の米国のカンボジア爆撃を批判し、「共産主義者でない、か弱いカンボジアの人々を彼らは殺戮した。世界唯一の超大国にとって、シハヌーク主義者だという“罪”だけを理由に村人たちを武力攻撃したことは恥だ」と述べた。

勢力とも呼べないほど取るに足らない極左グループであったクメール ルージュへ、生活第一で政治関心の薄かったカンボジアの民衆を大量に走らせたのは、ほかでもない米国の爆撃でおおぜいの家族知人を空から理不尽に殺されたことへの憤りの心であった、とは米国の歴史学者ベン=キアナン教授や思想家ノーム=チョムスキー教授も述べているところだ。

キアナン教授の研究により米国ではクリントン政権時代に、ニクソン・キッシンジャー時代の政府秘密文書が公開され、カンボジアへ投下された爆弾の数はそれまで米国が公表していた数の5倍にのぼり、第二次世界大戦で全世界に落とされた爆弾の総数を上回ることが判明している。チョムスキー教授はこれを米国による虐殺と呼び、カンボジアにおける戦争犯罪の文脈ではこれもあわせて裁かれなければ法廷は茶番だ、と先月27日付「ザ プノンペン ポスト」紙のインタビューで述べている。



2009年04月02日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.