カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]タイ偵察機が30キロ国境侵犯、「地図の見間違い」 カンボジアウォッチニュース
2009年08月17日

カンボジア西部国境で13日、タイ海軍の偵察機が国境を越えてパイリン州へ飛来し、国境からおよそ30キロメートルもカンボジア側へ侵犯してパイリン市街上空を低空飛行した後、タイ側へ飛び去るという事件があった。カンボジア王国軍第五管区のブン=サエン司令官が16日明かした。

同州サラー=クラウ郡のユム=ラム知事は「飛行機は地上からそう離れずに飛んだので、誰の目にも見えた。飛行機は偵察機だった。タイの飛行機はよくカンボジアへ飛んでくる。今回の飛行機はパイリン市街へまっすぐ飛んでいき、目にした国民を驚かせた」と語った。

同司令官によれば、侵犯のあったその日のうちにタイ王国海軍の司令官の一人が同州知事を訪れ、「操縦士が地図を見間違えた」として今回の「偶発事態」を謝罪する内容の書簡を手交したという。

今月頭には、プレア=ヴィヒア寺院を中心に駐屯するカンボジア王国軍第三管区のスレイ=ディック司令官がタイ軍偵察機による8回のカンボジア領空侵犯を報告しており、うち3回は同寺院の真上を飛んだとしている。



2009年08月17日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.