カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]中国のウイグル人送還要求問題、対応検討へ カンボジアウォッチニュース
2009年12月19日

中国政府による迫害を逃れて、ウイグル人22人がカンボジアに滞在している件について、政治亡命を求めるこのウイグル人たちに対し、これを犯罪人として中国へ送還するよう中国政府がカンボジア政府に要求している問題で、カンボジア外務省のクイ=クオン副長官兼報道官は16日、カンボジア政府は対応を検討するため、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と協力してウイグル人との面談を準備中だと述べた。

同報道官によれば先週、中国政府からカンボジア内務省へ送還要求の外交覚書が届いたという。

中国外交部の姜瑜報道官は15日記者会見で、「国際的な亡命者保護の仕組みは、犯罪者が法的刑罰を逃れる隠れ家となってはならない」として、カンボジアにいるこのウイグル人たちは中国で指名手配中の犯罪人であり中国で処罰されなければならないと主張している。ただし、具体的にこのウイグル人たちが何の犯罪を犯したのかは述べていない。同報道官は20日、習近平副主席とともにカンボジアを2日間の日程で訪問の予定。

カンボジアの国家警察のカート=チャンタルット報道官は16日、ウイグル人の扱いについてはまだ警察は何も指令を受けていないと述べるとともに、ウイグル人が現在UNHCRカンボジア事務所の保護下にあることを明かした。

人権団体アムネスティ インターナショナルは、カンボジアのソー=ケーン内相宛にサム=ザリフィ アジア太平洋部長名義で書簡を発し、この中で、ウイグル人が亡命手続きを支障なく行えるよう求めるとともに、もし北京へ送還されたならば「このウイグル人たちは中国当局によって、2009年7月に新疆ウイグル自治区で起こった動乱に関連して外国に亡命を求めた嫌疑により、拷問およびその他の残虐行為に遭い、非人道的ないし尊厳を踏みにじる処置や刑罰を受ける恐れが特に大きい」と指摘した。

この7月の動乱では200人近くが死亡、1,000人以上が負傷しているほか、アムネスティは、この動乱に対して「中国当局は、何千人もの人々を逮捕し、何ダースもの人々を裁判にかけ、関与した人々を重罪に処すと脅し、9人の死刑を執行し、さらに8人に死刑を宣告し、他の人々にも長期の懲役を科している」と発表している。

在カンボジア中国大使館のチエン=ハイ二等書記官は16日、「あなたに話すことは何もない」としてコメントを拒否した。



2009年12月19日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.