カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]「ウイグル人送還口実の米援助停止、遺憾」情報相 カンボジアウォッチニュース
2010年04月05日

政治亡命を求めていたウイグル人20人をカンボジアが不法入国による入管関連法違反を理由に昨年12月中国へ強制送還したことを理由として、米国国務省のフィリップ=クローリー報道官が1日ワシントンでの記者会見でカンボジアに対する軍事援助の無期延期を発表した件で、カンボジアのキエウ=カニャルット政府報道官兼情報相は2日記者会見で「米国はウイグル人問題をカンボジア非難の口実とするべきではない。ウイグル人たちがカンボジアに隠れていた1ヶ月間、カンボジアも中国もその存在を知らなかった。国連難民高等弁務官事務所も、他の国連機関も、ウイグル人たちが政治亡命を求めているのかどうか、彼らが誰なのかを知らなかった。手に負えないと見て、彼らは報道機関に発表することを決めたのだ」と述べた。

また「援助の延期は問題ない。くれると言うならありがとうと言うまでだ。いずれにせよ、くれると言っていたトラックは新品ではない。古くなった車を在庫処分したいからよそへやるのだ」と同相は語った。

送還は、中国からカンボジアへの多額の借款や経済援助を調印するために中国の習近平副主席がカンボジアを訪問した前日にあわただしく執行された。送還されたウイグル人20人は、中国当局へ引き渡されたのち、女性や子供を含め、行方が全くわからなくなっている。

昨年7月に中国で起きた動乱では200人近くが死亡、1,000人以上が負傷しているほか、国際人権団体アムネスティインターナショナルは、この動乱に対して「中国当局は、何千人もの人々を逮捕し、何ダースもの人々を裁判にかけ、関与した人々を重罪に処すと脅し、9人の死刑を執行し、さらに8人に死刑を宣告し、他の人々に長期の懲役を科している」と昨年発表している。



2010年04月05日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.