カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]家の中での毒物の原因から一年間約200万人の中国子が死んだ カンボジアウォッチニュース
2010年05月20日

【企業研修作品】
この記事は、王立プノンペン大学外国語学部日本語学科2期生(今年6月卒業見込)の学生の方に、当社での企業研修の一環として選択・翻訳していただいたものです。

研究の結果を見ると、年々約200万人以上の中国子供が病気になって、死んだこともいた。問題の起こった原因は自分の家から毒物あるので、健康が悪くなって、特にほとんどの5歳以下の子供が死んだ。

2010年5月16日に経営センターと中国の病気防止対策が研究資料によって、家と道路より毒の程度が5回ー10回多くがあった。それは年々220万人以上の子供は息の病気で死んで、その中に5歳以下の子供が100万人いた。さらに、その原因は「フォマルデハイ」の毒物が拡散していた。だいたいビルの中で整備や片付けた物が置いたのは毒物がある。例えば、長い時間のビルの家具やカーテンや板などから少しすづ毒から出していた。

毒物をゆっくり受けた後、年寄りと子供が息の病気になるし、予防システムも弱くなるし、それにハアハアと呼吸をする症状があった。そして、他の症状はプリオンが不規則あって、ある重い病気がガンになるかもしれない。加え、妊娠をしている女人は長い期間ビルで住んでいるから、子供の中に悪い影響をすることもがあった。30年ごろ経済開発と企業のバランスがないので、国民の命に非常に困ることである。それは中国の政府がその問題を解決しなければならない。つまり、町の中で毒物があって、きれいな水が十分ない。現在は世界中で一番毒物多い国である。

2007年に世界銀行のデータによって、年々約75万死んだ中国人が天候と水の毒からだと言われた。

(コ=サンテピアプ)
翻訳: マオ チャリア (王立プノンペン大学外国語学部日本語学科4年)



2010年05月20日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.