カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]「過激派の相手はしない」黄服派抗議で外務省 カンボジアウォッチニュース
2011年01月03日

タイの外務副大臣・バンコク都副知事を歴任した与党民主党のパニット=ウィギットセート議員らタイ人7名が国境侵犯・違法測量・軍事施設侵入の容疑でカンボジア側に逮捕されプノンペン市裁判所で起訴された件に対して、バンコクで黄服派が先月31日行なった抗議行動について、カンボジアのクイ=クオン外務省報道官は「違法な過激派の相手はしない」と述べた。

また同報道官は、パニット議員らを拘置しているプレイ=ソー拘置所にパニット議員の家族の訪問を許可したと発表した。容疑が確定すれば最長18ヶ月の懲役となる見通し。

黄服派はバンコクのカンボジア大使館前に集まり、カンボジアのフン=セン首相の写真を柩に入れて燃やすデモンストレーションを行なっていた。抗議行動は今月2日にも継続されていると伝えられている。

タイのThani Thongphakdi外務省報道官は、タイ政府による独自調査を行なった結果として、確かに7名の逮捕はカンボジア領で行われたと確認した。「この問題は現在法廷で扱われている。法廷に任せるべきである」と述べた。抗議行動についてはノーコメントとした。

カンボジアのハオ=ナムホン外相は「法廷での扱いが進行中であるので、政府としては何もできない」と述べた。

タイのカシット=ピロム外相は「カンボジアの司法を尊重する」と語るとともに、この問題が両国間の紛争の火種となることはないと述べた。



2011年01月03日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.