カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]プレア=ヴィヒア交戦でタイ兵4名が捕虜に カンボジアウォッチニュース
2011年02月04日

タイ国境プレア=ヴィヒア寺付近で今日4日午後3時15分から行われている交戦について、カンボジアのパイ=シパン政府報道官は、戦闘はタイ軍がカンボジア領へ500メートル侵入したことにより始まったと述べた。戦闘はプレア=ヴィヒア寺近くで午後3時に始まり、2時間以上続いたと述べた。

「戦場からの報告によれば、タイ軍は105ミリメートル砲弾を使用し、スヴァーイ=チュム村に撃ち込んだ。この村には兵力は一切なく、民間を攻撃対象とした」と同報道官は述べるとともに、タイ軍がプレア=ヴィヒア寺付近のカエウ=セッカー=キリースヴァーラ寺に砲撃を加えたと述べた。損害程度はまだ不明だという。

また同報道官は、戦闘中にタイ兵4名を捕虜にしたと発表した。

タイの外務省は1日、カンボジア政府宛外交文書を発し、カエウ=セッカー=キリースヴァーラ寺の取り壊しを求めていた。寺付近がタイ領土であるためとしている。

タイ軍のSansern Keowkhamnerd大佐は「攻撃は誤解によって始まったと考えるが、何が攻撃を引き起こしたのかはまだ明らかにしたくない」と話すとともに、タイ兵がカンボジアの捕虜になったことを認め、「このことから、どちらが攻撃を先に始めたのかおわかりいただけると思う」と述べた。

タイのラジオ報道によれば、カンボジア軍が発射したおよそ20発の砲弾がタイのシーサケット県カンタララーク郡に着弾した。

タイのテレビは、プレア=ヴィヒア寺が硝煙に包まれている映像を流している。



2011年02月04日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.