カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]タイ「DPICMはクラスター弾ではない」をCMAC・CMC否定 カンボジアウォッチニュース
2011年04月08日

タイ国境プレア=ヴィヒア寺付近で2月に行われたカンボジアとタイの交戦で、クラスター弾の一種とされる155ミリメートル複合目的改良型通常弾(DPICM)をタイ軍が使用したとタイのSihasak Phuangketkeow国連大使が先週認めたとクラスター弾連合(CMC)が6日発表し、使用したクラスター弾の数や発射地点に関する情報開示をタイに求めている件で、タイのパニタン=ワッタナヤコーン政府報道官が、この交戦でタイ軍が155ミリメートル複合目的改良型通常弾を使用したことを7日認めつつも、タイ軍はこれをクラスター弾であるとは考えていないと述べたことに対して、カンボジア地雷行動センター(CMAC)のヘーン=ラッタナー長官は、DPICMは「明らかに」クラスター弾禁止の対象に含まれると7日話した。

CMCのローラ=チーズマン代表も、タイ政府のこの発言に対し「絶対にクラスター弾である」と7日述べた。

CMACはカンボジア政府系の地雷・不発弾除去組織。

CMCはクラスター弾に反対する、英国に本拠を置く国際的市民活動。

この交戦でタイ側がクラスター弾を使用したとカンボジア側は交戦直後に発表し、弾を公表したり地域住民を避難させたりしてきたが、タイ側は先週まで関与を一貫して否定してきた経緯がある。CMACでは、隊員50名による汚染地域の包括的調査を開始するとともに、タイ側に対しては引き続き、どこでクラスター弾を発射したかの情報開示を求めていく考えで、国際社会に対しても、クラスター弾汚染地域でカンボジアが行う除去活動に協力するようタイ政府に圧力をかけてほしいと呼びかけている。



2011年04月08日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.