カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]ラオスのダム同意得られず、閣僚級協議へ カンボジアウォッチニュース
2011年04月22日

ラオスがメコン川のサイヤブリに建設を試みている水力発電ダムの是非について19日開かれたメコン川委員会会合は、建設の延期を主張するカンボジア・タイ・ベトナムと即時建設を主張するラオスとの平行線に終わり、閣僚級協議へ引き上げられることになった。

このダムが建設されれば川イルカを含むメコン川の魚種41種が魚道を奪われ絶滅に瀕し、流域の漁業に壊滅的影響を与えると言われているが、ラオス代表は、ダムの影響は「容認できるレベル」とする従来の主張を繰り返す声明を同日発した。

カンボジア代表は、建設推進サイドからの情報提供が不足しており、環境影響評価もまったく不十分であることから建設の延期を改めて求めた。

ベトナム代表は、すでに中国のダムでメコン川に影響を被っているとして、これ以上のダム建設は少なくとも10年保留、できればキャンセルするべきと主張した。

このダムが完成したあかつきにはタイはその発電量の推定95パーセントを購入する契約をすでに締結しているが、タイ代表は、プロジェクトの持続可能性に疑問があるとしてさらなる協議を求めた。

閣僚級協議は10月か11月に開かれる予定。

タイ『ザ バンコク ポスト』紙はラオスがすでにこのダムへの道路建設を開始していると写真付きで17日付で報じたが、メコン川委員会ではそのような報告は正式に何も受けていないとタエ=ナヴット議長は言い、ラオス政府にただしていきたい考えを明らかにした。



2011年04月22日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.