カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[国際]停戦監視団に合意、タイ内閣17日までに承認 カンボジアウォッチニュース
2011年05月11日

ジャカルタで開かれていたASEAN会合の閉幕後に議長国インドネシアのマルティ=ナタレガワ外相の仲介で9日午後開かれたカンボジア・タイ外相会談で、プレア=ヴィヒア寺近くの国境係争地区に停戦監視団を受け入れることで両国が合意した。カンボジアのハオ=ナムホン外相が発表した。

会談終了後ナムホン外相はインタビューに答え、「この会談は、平和的解決を見出し、これ以上の武力衝突を避けるために行われた。双方は各政府に対し、この提案を可能なかぎり速やかに承認するよう求める」と述べた。このインタビューはカンボジア テレビジョン ネットワークで放映された。

タイ『ザ バンコク ポスト』紙が伝えたところによると、ナタレガワ外相は会談終了後「この午後の成果は私の期待を超えた。私はこの問題を過小評価するものではないが、双方は互いの食い違いをよく乗り越えた」と述べた。

また10日カンボジアに帰国したナムホン外相はプノンペン国際空港でインタビューに答え、「タイのアピシット=ウェーチャチーワ首相は彼の内閣に対し、この6項目包括合意を来週火曜までに承認するよう求める予定だ」と述べ、今週タイの国会が解散されてもこの合意に影響は及ばないとの考えを示した。

一方、石油やその他カンボジア軍がタイ軍に敵対行動をとるために必要な物資をカンボジアへ輸出することをタイ軍が禁じたと同紙が伝えたことについてカンボジアのチュム=ソチアト防衛省報道官は「カンボジア軍内で使用する製品は一切タイから輸入していない。この禁止について我々に憂慮はなく、我々に何の影響も及ぼさない」と述べた。



2011年05月11日
カンボジアウォッチ編集部


Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.