カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[日系]「日本人は品質を重視」倉田ペッパー カンボジアウォッチニュース
2009年01月15日

カンボジア南西部のコッコン州で胡椒を栽培し輸出している倉田ペッパーの倉田浩伸社長は月曜、日本の香辛料メーカーを仕向け地の契約会社として、200トン規模での日本向けのコショウ栽培を計画していると述べた。そのコショウ農園を開発するに当たり必要な投資の規模は50万ドルほどになる見通し(未決定)で、どこからその分の投資を受けるかということは、現在各方面に打診中であり未決定とのこと。

1997年に設立された倉田ペッパーでは、現在、12ヘクタールの土地を契約しており、うち6ヘクタールにコショウがすでに植えられていて、そのうちの3ヘクタールから収穫ができる状態にある。また、昨年の実績で0.5トンのコショウを日本・フランス・デンマークに輸出した。カンボジア国内の旅行向け土産物店でも購入することができる。

カンボジア商務省は現在、コムポート州産の胡椒にのみ地理的表示を付与しているが、同社長は、その取得は同社の最優先事項ではないと述べた。

「日本人は、胡椒の産地がコムポートでもコッコンでも気にしない。日本人が重視するのはその品質だ」



2009年01月15日
カンボジアウォッチ編集部



※倉田社長からのご連絡により、会社名を削除いたしました。これに伴い、2009年01月16日の変更履歴を削除しました(2009年2月3日)。

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.