カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[三面]「ビール用ボンベ、酸素吸入に転用しないで」メーカー呼びかけ カンボジアウォッチニュース
2009年02月10日

カンボジア醸造株式会社は9日、同社から盗まれた炭酸ガスボンベが酸素に詰め替えて病院で使用されているとして、死傷事故につながるおそれがあるのでやめるよう、国内メディアを通じて呼びかけた。

同社の社員が先月、ボンベが紛失していることに気づき、調査の結果、300本が盗まれていることが判明した。同社によれば、盗難ボンベの多くは、レストランに貸し出されたまま戻らなかったという。

被害の届出を受けた警察が同社と協力して捜査したところ、プノンペンのチョムカー=モーン区警察は先月19日と20日、医療用機器販売店で2本の盗難ボンベを発見した。ボンベは何者かによって表面の記章が削り取られており、その結果、壁が薄くなって破裂の危険が増していたほか、同社によればそもそもビール用のガスボンベはバルブ形状がドラフトビールサーバーに特化しているため、爆発のおそれがあり非常に危険だという。

NGOメディコープスのガンサー=ヒンツ博士は、医療現場でそのようなボンベを使うことは信頼性が低く死傷のおそれもあると述べた。二酸化炭素の残った、酸素の充分入っていないボンベによる吸入は、患者に窒息症状を起こさせる危険があるという。

同社と警察では、台所用の燃料ガスボンベに転用されている可能性も高いとして、引き続き、販売店などに対する捜査を継続している。

トゥオル=コーク区犯罪警察のニー=ダラヴット副長官は、適切に管理しなかった同社にも責任があると述べた。

同社では、とがめないのでボンベを返してほしいと呼びかけている。

2009年02月10日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.