カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[三面]グループ抗争学生日本刀を使い、一人手重症 カンボジアウォッチニュース
2009年05月07日

【企業研修作品】
この記事は、王立プノンペン大学外国語学部日本語学科1期生(今年6月卒業見込)の学生の方に、当社での企業研修の一環として選択・翻訳していただいたものです。

警察は「2グループの学生は一つずつのグループが10人ぐらいいる。2009年5月5日の午後4時30分にサムポウメイアス寺のロータリーで会って、喧嘩した。1グループの一人は手けがになって、もう一つのグループは逃げた。手けががした学生は18歳、タンサーウィさんで、今プレアケートメイアレイア病院で治してもらっている」と言った。

情報によれば、その日の午後にはタンサーウィさんのグループはバイクを一台持って、サムポウメイアス寺のロータリーの店で売った。その時、他のグループの学生はその所に来て、理由を聞かないで、喧嘩した。その時、タンサーウィさんのグループは未元不明のグループに反対したので、グループは日本刀と木の棒でタンサーウィさんのグループに切ったり、叩いたりしたので、タンサーウィさんの右手のゆびが三つ切れられた。他の人が道で倒れたり、けがをしたりした。タンサーウィさんは重いけがをしたので、早急に病院に送られた。その事件はとても短い間に起きたので、警察でも、何もできなかった。警察はその事件を知って、事件が行われた所に行って見ただけだ。

7マカラ警察庁は「その事件を知って、早くその所へ調べに行った。事件が行われた所で逃げたグループの学生のかばんを見つけた。そのかばんは日本刀を入れた物だ。そのかばんには1枚の学生証もある。今は、逃げたグループの学生が分かったので、探している」と言った。

(コ=サンテピアプ)
翻訳: アム=ブントーン (王立プノンペン大学外国語学部日本語学科4年)

2009年05月07日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.