カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[三面]「57人中、不法滞在は15人だけ」ナイジェリア人会会長が抗議 カンボジアウォッチニュース
2009年08月06日

プノンペン市内に先日建立されたキリスト教教会「クライスト エンバシー教会」で2日、礼拝中の外国人57名が不法滞在容疑で警察に現場拘留された件について、ナイジェリア人会のゲイブリエル=ケン=ガッダーフィー会長は「ビザの期限が切れていたのは57人のうち15人だけ。ひとまとめに拘束するのではなく、法を犯している個々人を捕らえるべきだった」として抗議した。57名の多くはナイジェリア国籍だった。また残りの多くはその他アフリカ諸国の国籍だった。パスポートとビザの確認後、57名中42名はすでに釈放されている。

プノンペン市警察外国人局のヒー=プル副局長は、15名はビザ期限が切れていたため立件し、入国管理局へ身柄を移送したと5日述べた。アフリカ人を狙い撃ちしているのかとの問いに対し、同副局長は明確に否定し、「我々はいかなる国籍であれ、不法滞在は許さないという姿勢で日々任務に励んでいる。しかし、現実に不法滞在者の多くがアフリカ人であるため、このような結果になっている」と述べた。

同教会のプリンス=レニー=ラーベン司祭は5日、「日曜の件については、差別の芽を感じている」と語った。教会が無届け営業だったことについては、カンボジア福音同盟からすでに裁許状を得ているとしたうえで、文化宗教省や外務省にも目下申請手続中だと述べた。礼拝中の騒音が近隣住民の苦情を受けている件については、その件で以前も一度警察が来たことがあるので、その後、音がなるべく外に出ないよう窓にガラスを入れたと述べた。

内務省のキエウ=ソムペア報道官は、アフリカ人、とりわけナイジェリア人が不法滞在で最近多く検挙されていることについて、彼らを重点取締対象としているのかとの問いを否定し、ビザの期限が切れていないかどうかを調べるのは国の主権の行使であって、どこの国でも当たり前の業務であり、そこから見えてきた結果が現状このようになっているにすぎないと4日述べるとともに、「この者たちは、カンボジアの国民と国に対する過ちを犯した」と語った。

2009年08月06日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.