カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[三面]シエムリアプで売春バー、韓国人店主送検 カンボジアウォッチニュース
2009年08月19日

シエムリアプ州警察は15日夜、同州シエムリアプ市街Sra Nge地区のバー「CスターNNクラブ」を売春施設経営の疑いで摘発し、韓国人店主チョン=チョンジン(52)を売春斡旋容疑で逮捕するとともに、18歳未満の年少者を含む女子従業員42名を保護した。同警察のOum Amra副長官が発表した。

シエムリアプ郡警察のMok Sam Onn長官代理が17日述べたところによれば、このバーはかなり前から売春宿として疑いのあったところ、摘発で店内全室にコンドームを、また随所に性交用勃起薬「バイアグラ」を発見したことから、組織的売春の立証に至ったという。

同副長官によれば、従業員たちはすでに同州社会局へ送られ、チョン=チョンジンは17日に同州裁判所へ身柄を送検された。同裁判所のNoun San副検事は、チョン=チョンジンが17日に身柄を送検されてきたことを認めた。また調べによれば、性交一回の価格35ドルのうち5ドルをチョン=チョンジンが、3ドルをチーママが取っていたという。性交は店内で行われていた。

チョン=チョンジンは翌18日、売春斡旋及び売春管理の容疑で同裁判所に起訴された。

「アンコール=ワットだけでここは充分人気スポットだ。人寄せにセックスツーリズムをやる必要はもともとない。カンボジア女性の誇りにかけて」と同副長官は語った。

2009年08月19日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.