カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[三面]2ヶ月の子を野菜市場で売り出し、母親に説諭 カンボジアウォッチニュース
2009年10月24日

プノンペン市ミアンチェイ区のチバー=アンパウ市場の野菜売場で21日朝、生後2ヶ月の自分の子を売ろうとしていた母親(34)を、市場の職員スン=ブンナーさんが所轄のチバー=アンパウ第二町警察に通報、母親は同警察の長官と同町のイン=ヴット町長に説諭されて改心していたことが22日わかった。赤ちゃんは無事。

ブンナーさんによれば、「母親はター=カエウ州に住んでいたが、夫と喧嘩して家を追い出されたため、路頭に迷ってしまい、街で子を売ろうと思いつめたようだ」という。

ヴット町長によれば、「母親は夫への怒りと、この子さえいなくなれば夫の気持ちを取り戻せるかもしれない、という想いとが心の中でないまぜになり、正常な判断力を失った状態だった」という。しかし町警察長官と町長にこんこんと諭され、子を売らずに故郷へ帰る気持ちを取り戻したようだ。

警察では、母親を罪に問わないこととし、21日のうちに釈放したという。

カンボジアでは、妻に去られて養育に困り自分の乳児の娘を600米ドルで売った父親(20)と、買った女(52)とが、人身売買容疑でプノンペン市裁判所に20日起訴されている。

2009年10月24日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.