カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[三面]チャーム人村で229軒全焼、火元男性をリンチ カンボジアウォッチニュース
2009年11月21日

カンボジアのプノンペン北部にあるルッセイ=カエウ区チラン=チョムレ2町コー村の木造家屋密集地域で19日、火災が発生、家屋229軒が全焼した。死傷者は出ていない。

同町警察のノ=サヴィー副長官によれば、町内の診療所の冷却ガスボンベが朝8時ごろ爆発、出火した。火は強風にあおられて急速に燃え広がり、丸一日燃えつづけた。総動員された消防車は国道5号線から家屋密集地域へ入っていくことができず、消防当局の全力を挙げた消火努力もまったく奏功しなかった。334家族が家を失った。

焼け出された女性ペン=ポルさん(56)は、「私の物はすべて燃えてしまった。夫は動転して、枕3個だけを持ち出した」と語った。

同町のヴァン=ポーン町長は、燃え尽きた町役場の前に20日茫然と立ち、すべての文書が焼けてしまったと語った。「出生・婚姻・死亡の記録原本も焼けてしまった。町民は困るだろう」と町長。

同町警察のクム=ディナール巡査は、警察署が全焼して、逮捕記録・容疑者一覧・国勢調査記録も一切焼けてしまったと語った。「武器以外、何も持ち出すことができなかった。書類はまったく持ち出せなかった」と同巡査。

村では20日、すべてを失った村人が、灰燼に帰した我が家の焼け跡で焼け残りを探している姿が見られた。焼け出された村人は口々に、今夜寝る場所もなく、途方に暮れていると語った。

コー村はチャーム人の村で、被害者の多くはチャーム人。20日朝、火元の診療所の職員の男性が群集に取り囲まれてリンチされ、頭から血を流して警察に保護された。

群集の一人ソムリット=キプリーさん(40)は、男性の名前がリム=キムさんだと述べるとともに、「火が出たのを見て、彼は持ち物をまとめて自分だけ逃げ去り、近所の家々を燃えるにまかせた。そのうえ、罪をチャーム人になすりつけようとした」と怒りをあらわにした。

2009年11月21日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.