カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[三面]プノンペン、川向かいの広告を撤去 カンボジアウォッチニュース
2011年05月12日

カンボジアの首都プノンペンのサープ川向かいのチローイ=チョンヴァー半島に立つ5枚の巨大看板広告のうち3枚が10日風で倒壊、吹き飛んだ広告で女性1名が負傷、家屋4軒以上が破壊された件を受けて、広告を管理するムーン メディア社は、安全上の観点から残り2枚を11日撤去した。

プノンペン市商業看板局のチン=パウ局長は「住民の多くがこの2枚の看板を撤去するよう求めたので、同社は撤去を決定した。住民は、これらの看板が風の力に抗することができないと判断した。この地区は川沿いにあるため、強い風が吹くと、看板は耐えられない時がある。今回の事故はその例だ」11日述べた。

チローイ=チョンヴァー町のチャン=ナート町長補佐によると、同社は被害者に賠償を支払う方向で手続きを進めている。

同社はプノンペン市内を中心に多数の広告看板を提供している。

風で倒れた広告はハロー・ビーライン・ヘネシーコニャックのもの。風で倒れなかったのはINAX・関西ペイント・Mフォンの広告だった。これらの看板は美観上の観点から批判の声も強かった。

2011年05月12日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.