カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[政治]戦犯指定6名追加か カンボジアウォッチニュース
2008年12月24日

カンボジアの戦犯法廷は起訴候補者として6名を追加指定した、と国連に支援されたこの法廷に近い筋が述べた。

この捜査を提起した同法廷のロバート=ペティット国際共同検事は、容疑者候補の人数や名前については法的理由からとして明かさなかったが、立件が追加される可能性についてはまったく驚きではないと語った。

「交渉の間、またその後も、論じられた人数は起訴済の5名よりも多かった」と同検事は月曜に会見で述べた。「そのような新たな立件は、私に関するかぎり、将来の起訴の広がりを予感させるものだ」とペティット。

法廷に近い筋によれば、2件の新規立件と1件の付随立件の合わせて3件の追加立件が見込まれており、これにより6名の容疑者が追加される。

ペティットのカンボジア側カウンターパートであるチア=リアンは、この二次提出への同意を拒んでおり、プティットはこれに対し「不同意宣言」の申し立ても辞さない構えだ。戦犯法廷の予審裁判部は、裁判のさらなる遅延を招きかねないこの手づまりを解決しなければならない所へ追い込まれている。

チア=リアンは火曜、「多忙のため」として何度もコメントを控えた。

戦犯法廷の内規によれば、同女史はペティットの提起に対し今週中に回答しなければならない。

戦犯法廷を見守る識者たちはカンボジア側に対し、追加捜査の開始を認めることで法廷の独立性を示すよう促す。

「法廷がカンボジア政府の道具でないことを見せる時がもしもあるとすれば、今がそれだ」とオープン=ソサエティ=ジャスティス=イニシアチブのジェイムズ=ゴールドストン代表は電子メールで述べた。



2008年12月24日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.