カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[政治]プレア=ヴィヒア寺院の世界遺産登録1周年を祝賀 カンボジアウォッチニュース
2009年07月08日

タイとの国境に接するプレア=ヴィヒア寺院が2008年7月7日に世界遺産に登録されて1年になるのを記念して、7日、プノンペン市内は祝賀の雰囲気に包まれた。またこれを受けて、記念切手が5種発行された。プレア=ヴィヒア寺院に関する切手をカンボジアが発行するのは2007年以来2度目。

プノンペン市内のオリンピック スタジアムでは数時間にわたり記念式典が行われ、プレア=ヴィヒア寺院の図版にカンボジア国旗をあしらったTシャツを着てフン=セン帽子をかぶった市民や兵士、政府関係者など多数の観客がひしめく前で、人気歌手が入れ替わりたちかわり歌ったり、パフォーマーがプレア=ヴィヒアの建設を再現したりした。その模様は近くの巨大スクリーンでも映し出されたほか、政府系のバイヨン テレビでも生中継され、国民は歌手の美声と、カンボジア人である喜びにともに酔いしれた。

観客の一人カオ=ラタナー君(16)は、プレア=ヴィヒア寺院へはまだ行ったことがないが、その歴史は学校で習ったとして、「僕のお寺を早く見に行きたい。そこを歩いてみたい」と語った。

ソック=アーン副首相は式典で、「タイ人は、登録したせいで武力衝突が起きたと言うが、それは正しくない」と述べた。

プノンペン市内路上には多数の市民有志がカンボジアの国旗や楽器・スピーカーを持って繰り出し、そこここの辻々で国旗を振りながら「チェイヨー!」(万歳)を大きく叫び、群がった即席の観客がそれに唱和する様子が見られた。また、国連の旗を振る人もいた。ホテルや商店の前には、路上に細い金属の棒が新たに突き立てられ、そこにカンボジア国旗が掲げられた。7月7日は正式な祝日ではないが、上層階の家々のベランダにも、祝日のように国旗が掲げられた。

これに先立ち午前中にワット=プノムで行われた式典で、カエプ=チュテマー プノンペン市長は「タイがどう思おうと勝手だ。カンボジア人なら、カンボジア人のプレア=ヴィヒア寺院を誇り、喜ばしく思うべきだ。我々には、この式典を祝う権利が完全にある。喜ばしく思う権利が完全にある」と述べた。

プレア=ヴィヒア寺院に駐屯する第三管区のスレイ=ディック司令官は、この日式典のために訪れたプノンペンで、「我々はタイ人を、1ミリたりともカンボジアへは侵入させない。我々もタイへ侵入しない」と述べた。



2009年07月08日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.