カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[政治]S-21生存者202名とする論文が発表へ カンボジアウォッチニュース
2011年01月05日

カンボジアのトゥオル=スラエン虐殺博物館(元S-21収容所)のユン=ニアン上級記録保管人は、クメール ルージュ時代にS-21に収容された約14,000人の人々のうち、生存者は数名とされてきたのを、収集したインタビューや文書に基づき、実は202名いたとする論文を、カエウ=ダシル氏と共著で、虐殺政権からの解放記念の日である7日に発表する。

179名は1975年〜1978年に釈放され、23名はベトナム軍の進攻によって解放されたとしている。

カン=ゲークイアウ元S-21収容所長は昨年4月、生存者が160名以上いたとする説についてクメール ルージュ特別法廷で問われた際、それは元職員が罪を逃れるために偽造した文書によるものだと否定している。



2011年01月05日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.