カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[生活]日照り続き米の値段高騰コンポンスプー家族に影響 カンボジアウォッチニュース
2008年09月12日

コンポンスプー州にて−好奇心の多い村人に囲まれるChea Lengさんと彼女の54歳の息子がいた。彼女は、自分達家族の生活が日照り干ばつと米の値段の高騰の影響を受けていることを話してくれた。
「今年は日照りのせいで稲を植えつけることが出来ないの。おかげで一年を通してお米を買わないといけなくなってしまったわ…」と3人の子供の母親(30歳)は話す。
 私の家族は今年0.2ヘクタールの自分達の農地からお米の収穫を全く出来ない。と彼女は嘆く。なぜなら今年、彼女の植えた苗はすべて乾燥しだめになり30kgもの米種を失ってしまった。「ここの全ての住民は干ばつの為苦しんでいるの。誰も稲を植えることが出来なかったわ…」。と彼女は,周囲に住む沢山の木造小屋−Chong Rok地方のBoeungの草葺屋根の家々−に住む貧しい家族のことについて言及する。
 お米の収穫が出来なかったこの一家の家計を最も圧迫しているのは、末息子の病気のための治療費とお米の値段の高騰なの。とChea Lengさん(32歳)は話す。この一家は収入を補填するために農園や他の仕事を行わなければならない。
 Hun Hengさんはプノンペンの建設仕事に出稼ぎに出てはや1年以上になる。一週間の賃金はおよそ12.50米ドル(およそ1300円)だけだ。月に一度だけ彼は給料を持って家に帰って来て、彼女のわずかな農園収入に加える。Chea Lengさんが家で草わら屋根を編んで得ることの出来る収入は約1米ドル(およそ105円)。
 彼らの5歳の息子Proshくんは生まれたときから患っている喘息で苦しんでいる。これが一家の家計を難しくしている主な理由だ。
 Proshくんは定期的に呼吸の問題を抱えているため、月に23Chea Lengさんは彼をプノンペンのKantha Bopha病院へ連れて行き、検診し薬をもらっている。交通費と首都での宿泊費を合わせると月々50米ドル近くにもなる。一家の現金収入の殆どになるの。と彼女は話す。
 お米の値段は去年より二倍以上1,300リエル/1kgになっている、とChea Lengさんは家族の家計の負担について話す。「お米の値段の値上がりのために、日々の収入は全て食費で消えてしまうわ」。と彼女は困った表情で話す。
 Chea Lengさんは先の事を非常に心配しながら「これからどうしていいのか…。来年はどうなることやら、もうすでにいっぱいいっぱいを食費に使ってるのに…」。
「すぐに、もう生活がやっていけ無くなる。」と虚ろに話す。



2008年9月12日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.