カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[生活]舌を切って幸運を呼び込むおまじない カンボジアウォッチニュース
2009年02月14日

今年の悪を追い払うため、カンボジアの首都プノンペンのドーン=ペン区で8日、およそ20人の男女が色とりどりの伝統衣裳に身を包み、3日間のハエ=ネアク=ター儀式を開始した。

中国の仏教の諸聖の魂によって選ばれたとされる参加者たちが、神聖なネアク=ターを拝み、自分の体内に入って真の信仰者に幸運をもたらしてくれるよう祈った。

信者たちはやがてトランス状態に入り、踊りながら、自分の舌を大刀で切る。血のしたたる舌で、ヤントラと呼ばれる黄色い紙を舐めて、家の壁に貼り付けて魔よけとする。

男性信者Ev Thoeuk(55)は、舌を切ってネアク=ターが自分に乗り移ったと語った。15歳の時からこの儀式に参加しており、今では痛みも感じず、飲食も普通にできるという。「普通の人にはこれはできない。自分は選ばれた。神様はそれぞれ自分の身体をお選びになる」

女性信者Chin Bopha(58)によれば、この儀式はクメール=ルージュ時代には途絶えてしまったが、1990年代前半に再開したという。



2009年02月14日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.