カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[生活]8社目の携帯電話網が設立 カンボジアウォッチニュース
2009年03月03日

ロシアのラテルズ株式会社は先月27日、親会社タイムターンズ ホールディングズ株式会社の100%子会社として、スマートモバイルと名づけた携帯電話網会社をカンボジアに設立した。カンボジアの携帯電話網会社としては8社目となる。

ラテルズ社のトーマス=ハントCEOは、これだけ会社があってもまだ、カンボジアの携帯電話網業界にはまだ伸びしろがあるとの見解を示し、「金融危機があっても、携帯電話は人々の基本的需要を満たすものだ。とりわけ発展途上国ではそうだ。カンボジアでは、人口の24パーセントほどしかまだ携帯電話を持っていない」と語った。

カンボジアの携帯電話網の発行済み事業許可数は現在11社。うち今回のスマートモバイルを含む8社が、実際に事業を開始している。だが、同社の設立式に臨席したソー=クン郵電相は式の終了後、「カンボジアには携帯電話網は3社あれば充分だと思う」と語った。

「カンボジアの市場を投資者に我々は説明している。それでも彼らはここに投資したいというのだから、それに対して事業許可を発行しなければ、わが国はWTOの規則に抵触してしまう」と同相。

昨年12月、ロシアのヴィンペルコム社のカンボジア子会社であるソテルコは、今後5年間でカンボジア全土をカバーするGSM網を構築する計画を発表している。これが9社目となると見られている。

カンボジアで現在事業を行なっている携帯電話網会社の商号と頭番号は以下の通り。モビテル(012・092・017・089)・ハローGSM(015・016)・Mフォン(011・099・085)・キューブ(013)・スターセル(098)・エクセル(018)・メットフォン(097)・スマートモバイル(010・093)。



2009年03月03日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.