カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[生活]汚染魚30トン販売の業者に無罪 カンボジアウォッチニュース
2009年09月05日

カンボジアの農林水産省漁業局のナオ=トゥオク局長は、明らかに有害物質で汚染された魚を30トン以上販売したプノンペン北郊カンダール州ポニア=ルー郡の地元業者らに対し、罪に問わないことを発表した。問題の魚の成分検査を行なっていないため、魚に毒が含まれていたかどうかが不明であることを理由としている。河川の水質検査の結果、問題の魚は酸欠により死んだことが判明したという。

工鉱業エネルギー省は先月31日、水質処理施設の不備により川に汚染水を垂れ流していたMHバイオエネルギー株式会社に対し、業務停止命令を発した。

問題の魚が健康に被害を及ぼすかどうかについて、複数の厚生省の職員は3日、コメントできないと答えた。

MHバイオエネルギー社は、昨年11月にポニア=ルー郡にカンボジア初のバイオエタノールプラントを始動させた、カンボジア・韓国合弁企業。始動式で同社のChory Vy Sung社長は、操業初年に乾燥キャッサバ数千トンをエタノール燃料36,000キロリットルに変換するとしていた。



2009年09月05日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.