カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[生活]80年ぶり全国鉄道設備刷新へ、来年頭から カンボジアウォッチニュース
2009年12月19日

カンボジア全国の総延長652キロメートルの現用鉄道設備が、80年ぶりに刷新されることがわかった。借款を与えるアジア開発銀行(ADB)が16日発表した。総工費は1億4100万ドルの見通し。

工事を担当する仏企業TSOによれば、カンボジア南部のプノンペン-コムポート線166キロメートルおよびコムポート-プレア=シハヌーク市線100キロメートルの主要工事は来年頭に開始される。一日750メートルの割で工事を進め、2011年前半に完工の予定。

その後、338キロメートル以上の路線長を持つプノンペン-セレイ=サオポアン線の工事が開始され、2012年4月に完工の予定。

クメール ルージュが線路を剥がして屑鉄として売りとばしてしまったセレイ=サオポアン-パオイパエト線48キロメートルについても、一から再敷設される予定だ。これは将来のタイの鉄道との接続を視野に入れている。

また、プノンペン国際空港そばに98ヘクタールの操車場が新築されるという。

カンボジアの鉄道についてはこのほか、プノンペンとベトナム南部ロクニン(ホーチミン市から北へ160キロメートル)を結ぶ257キロメートル区間の新規路線敷設も計画されている。中国政府がすでにフィージビリティスタディを終えており、区間工費5億ドルの見通し。



2009年12月19日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.