カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[生活]アンコールは洪水で没落か、木の年輪くっきり カンボジアウォッチニュース
2010年03月31日

29日付の米国科学アカデミー紀要は、アンコール朝が急速に没落した主原因は洪水であった可能性が高いという、ブレンダン=バックリー氏・ダニエル=ペニー氏らの研究グループの論文を掲載した。1300年代中葉と1400年代初頭のイトスギの年輪に、洪水の跡が見られるという。

洪水は短期的にアンコール朝の農業生産を損なったのみならず、運河や溜池(バラーイ)といった水利施設を破壊し、長期的にもアンコール朝の大人口を養うことを不可能にしたと推定している。

アンコール朝の衰微の主原因が、新興勢力のアユッタヤー朝シャムとの抗争にあるという従来の学説の推定が根拠薄弱であることは、豪シドニー大を中心としたシエムリアプで活動するアンコール期カンボジアに関する国際調査団「大アンコールプロジェクト」(ダン=ペニー団長)もつとに指摘している。

バックリー氏は昨今のメコン川の旱魃にもふれ、「人間は自然に逆らうことはできない。いかに気候変動に柔軟に対応するか、それが生死を分ける」と述べた。

第一回メコン川委員会サミットが来月頭にタイのフアヒンで開かれる。フン=セン首相も来月4日と5日に出席する見通しだ。ただし外務省のクイ=クオン報道官によれば、タイのアピシット=ウェーチャチーワ首相との二者会談の予定はないという。



2010年03月31日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.