カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]クメールルージュ裁判の就任宣誓式 2006年7月3日 カンボジアウォッチニュース
2006年07月03日
民主カンプチア(ポル・ポト)政権のもとで行われた大量虐殺を裁く特別法廷の判事や検事などに任命された法律家による就任宣誓式が、カンボジア仏教二大宗派の大僧正臨席の元、3日午後にプノンペンの王宮で行われた。内訳はカンボジア人17名、外国人10名。日本からは野口元郎氏(45)が判事に就任した。1979年の政権崩壊から四半世紀を経て、ようやく責任を問う裁判が始動することになる。

 特別法廷は他国の類似例と異なり、カンボジアの裁判所システムに含まれる「特別法廷」と位置づけられている。国連より派遣された各国の判事は、カンボジア政府任命によるカンボジア人判事との意見調整や具体的な裁判の進め方についての協議を、4日から3日間かけて行い、7日にその成果を記者会見する予定にしている。

3年間を目処に裁判を行う予定としており、来年中盤には公判が開始される予定だ。99年より軍刑務所に拘束されているタ・モク元参謀総長ら、「上級指導者や責任者」10名程度の少数が対象となる見通しだ。ヌオン・チア元人民代表議会議長、キュー・サムファン元幹部会議長、イエン・サリ元副首相らは、最高幹部として訴追される可能性が高いものの、いずれも現政権により降伏を認められた経緯があるため、裁判対象となるかどうか微妙な情勢だ。また、イエン・サリ元副首相は、故ポル・ポト元首相とともに、79年の欠席裁判において、大量虐殺の罪で有罪判決が出ているが、投降時に国王による恩赦が与えられている為、その有効性と共に別容疑で起訴するかどうかについても、問題となるだろう。

 特別法廷は2審制で、カンボジア政府と国連が共同で運営するものの、カンボジア政府側が過半数を握っており、どこまで積極的に裁判を行うか、国連側との今後の綱引きが注目される。


2006年7月3日
カンボジアウォッチ編集部
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.