カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]特別警察が交通法規を教育するために配置される カンボジアウォッチニュース
2007年09月05日

 プノンペン市当局は、新しい交通法規と安全の強化について公に教育するために、市内のすべての信号に特別な警察と軍の警察を配置させる計画であることを、94日火曜日に語りました。
 プノンペン市警察長官のティン・プラサーは次のように述べています。市営公共事業機関は、首都の中にある
39の信号機すべてに特別警官を配置させることを計画しています。彼らは拡声器を使用して交通法規の最も重要な部分を声を出して説明します。しかも、金銭を徴収することなしに行います。
 幾つかの場所では本日から開始しています。
10人以上の警官が一つの信号に配置されます。加えて、参加しているそれぞれの警官には、その仕事のために一日1.25ドル追加で支払われます。公共の教育プログラムがどれほどの期間継続されるのか決定されるでしょう。
 「もし、人々が法律を乱用するならば警察官は彼らを止めて、新しい交通法規について教育するでしょう。しかし、警官が人々に罰金を科すことはまだ許可されていません。」とティン・プラサーは語りました。新しい交通法規で休止されている罰金の徴収は、内務省と財務省の許可が出された後に開始します、と彼は付け加えました。
 今年2月に採用された交通法規の下では、49cc以上のモーターバイクの運転者は免許証を所得しなければなりません。
 法律はさらに、
2輪車のドライバーは安全のためヘルメットを着用すること、血液中のアルコール濃度が0.4mg以上のドライバーには罰金を科すことを定めています。
 公共事業省と運輸省の交通の総管理を勤めるアン・チュン・フオは、運輸省と内務省および財務省は共に、現在は休止している警官が違反者を見つけ出したときに徴収する罰金の新しい受領書を承認しました、と語りました。

 新しい罰金の受領書がいつ警察に配布されるかは定かではないと彼は付け加えました。



2007年9月5日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.