カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]桟橋が崩落、観光客たちが川へ墜落 カンボジアウォッチニュース
2008年12月08日

シエムリアプ州で新しく作られたコンクリートの桟橋が日曜、崩落し、上に立っていた30人の外国人観光客が2.5メートル墜落してトンレー=サープの支流に落ちた、と関係者は述べた。

事故は観光客たちがトンレー=サープ湖ツアーに向け並んでいた時に起きたが、怪我人はいなかった、とシエムリアプ郡チョン=クニア地区観光船協会のプム=ライ会長は述べた。

「彼らは恐怖し、ゲストハウスへ引き返した」と同会長。

プム=ライは、この桟橋を作って先週供用開始したスーチーン社に対し、観光客の安全確保を怠ったとして非難した。また同会長によれば、同協会の所属220社は当面、事故現場から1キロメートル離れた旧港を使用する予定。

スーチーンの代表者たちに日曜、接触してコメントを得ることはできなかった。

アエム=マン チョン=クニア地区長は、この事故が地元住民に与える影響の可能性を懸念した。地元住民の15パーセントは収入を観光客に依存している。

「観光客がもうここには来ないのではないかと心配だ」と同地区長は語った。スーチーンが今回の崩落について何らかの処分を受けるかどうかは知らないという。

シェムリアプ州のスー=ピーリン知事と何人かの副知事に日曜、接触してコメントを得ることはできなかった。

プム=ライによれば、スーチーンはこの地域で道路改善などいくつかの改良工事を行い、先週からこの桟橋を観光船に供用開始していた。



2008年12月08日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.