カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]開発業者と住民の土地紛争で軍警察が発砲、2人負傷 カンボジアウォッチニュース
2009年01月19日

カンボジア中央部のカンダール州カンダール=スタン郡で16日、ブルドーザーの進入を止めようとした2人の住民が、軍警察の発砲を受けて負傷した。

2人はカンダール州のチェイ=チョムネア病院へ搬送され、一人は腹から弾丸破片の摘出を受け、もう一人は胸に弾丸破片が残っているという。2人はこの土地の所有権を主張して、300戸の家族とともに、ヘーン開発社と数年にわたり争っている。

ヘーン開発社は1990年代に、付近の住民から4千ヘクタール以上の土地を購入した。しかし抵抗住民によればその後同社は、土地を売ることを拒んだ近隣の土地の併呑をもくろんでいる。住民団体は2006年、カンダール州地方裁判所から勝訴を得たが、地方当局はこの判決を無視しているという。カンボジアの法律によって、行政は司法の判決に、それが上級審で覆らないかぎり、従う義務を持つ。

ヘーン開発社のチュン=ボリット社長は18日、当社はこの土地全体の所有権を持っていると述べたが、それ以上のコメントは控えた。

2009年01月19日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.