カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]マイクロファイナンスの滞納事例が微増 カンボジアウォッチニュース
2009年03月06日

カンボジアでは最近、マイクロファイナンスの返済が滞ったり不可能になったりして、裁判に持ち込まれる事例が以前よりもわずかに増加している。複数のマイクロファイナンス業者が明らかにした。

「クレジット マイクロファイナンス研究所」を営むチャン=マーチは3日、返済が滞っている顧客の割合は昨年12月には0.18%だったのが、現在は0.23%に増加したと述べた。うち2人の顧客をすでに裁判に訴えたが、いずれも裁判所が設定した期限より前に返済が行われたため、強制執行には至らなかったという。これらの債務者は1人はコンポン=チャーム州、もう1人はコンポン=チナン州に住み、いずれも不動産の一部を売って返済に充てたようだという。また現在、コンポン=チャーム州でもう1人に対し訴訟手続きを進めている、と同氏。

「オムラット」を営むド=ディーンは3日、返済に問題を生じている顧客の割合は昨年9月には0.5%だったのが、現在は1%に増加したと述べた。同氏も、強制執行をした事例はまだないという。

野党ソム=リャンシー党のムー=ソックフオ国会議員は4日、コムポート州では知るかぎりおよそ40件の土地建物没収事例があったと述べた。ただし、どの業者から融資を受けた顧客が没収にあったのかについては、同議員は言及を避けた。

2009年03月06日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.