カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]地元住民を森林管財人に指定、不法伐採を防止 カンボジアウォッチニュース
2009年03月28日

コンポン=トム州の32の地区に住む3,800世帯強が27日、森林14,300ヘクタール超の政府認定公式管財人に指定された。この種のプログラムとしてはカンボジアで2例目となる。

これによって住民は、森林を守る役割を担うほか、森林とその産物を利用して生計を立てる権利を正式に有することになる。

コンポン=トム州のナム=トゥム知事は26日、「現在、森林は減少している。だから、そこに住んでいる住民が政府と協力すれば、森林をより効果的に守ることができるだろう。また住民は、この森林から樹液やつるなどを集めて利益を得ることもできる」と述べた。同知事によれば、今回の対象地域は、同州の2つの郡を除く全域に散らばっている。

このプロジェクトにかかわっているNGO「RECOFTC」のカンボジア担当で、コンポン=トムにおけるチーフ技術アドバイザーも務めるジェイムズ=バンプトンによれば、住民は、この森林の管理権を法的に認める15年契約に署名しており、住民の希望次第で延長も可能だ。

「森林全体を一人のレンジャーに担当させるより、村全体で見張るほうが、コミュニティの力で法の遵守を強化できる」と同氏。

この種のカンボジア初の試みは2007年11月、シエムリアプ州の18地区の森林約5,000ヘクタールに対して開始された。今ではカンボジア全体で約300の地区が、推計300,000ヘクタールの森林に対して、同種の制度を取り入れようとしている。

ソンダン郡で地区森林リーダーを務めるスーム=スィエンは、このように権限を政府から地域住民へ委譲することは、近年の不法伐採を防いで森林を守るために有効だと語った。

2009年03月28日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.