カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]第二回「ミス地雷」カンボジアで開催へ カンボジアウォッチニュース
2009年07月30日

今年で第二回となる「ミス地雷」コンテストが、カンボジアで開催されることがかねてより決まっていたが、来月からいよいよ開催のはこびとなった。ラタナキリー・コッコン・クロチェ州を除くカンボジアの21の州と市を代表する地雷犠牲者の女性たちが、ミスの座をかけて競う。

プノンペン代表となるソン=コソールさん(24)は、5歳の時に地雷を踏んで片脚を失った。「とくに女性の障がい者について、関心を集める良い機会だと思う。障がい者を差別しない世の中にするよう皆で考える機会。障がいがあっても美しくある権利はあるし、社会活動に参加する権利もあるし、非障がい者と同等の権利を持つ権利もある」と語る。

投票はウェブ上で来月1日から開始され、誰でも好きな女性に投票することができる(www.miss-landmine.org)。また来月7日には、プノンペン市内のメタ ハウスで写真展が開かれる。12月上旬にプノンペンで開かれるライブステージイベントで優勝者が発表される。ウェブ投票による優勝者のほか、審査員による優勝者も決定され、両者が一致しない場合は二人ともが優勝者となる。優勝者には特別審査員よりカスタムメイドの義足が贈られる。

「ミス地雷」を企画したノルウェーの芸術家モルテン=トラーヴィク氏は、「これは物事を新しい見方で見る良い機会だ。障がい者の女性は強く、グラマラスで、美しいと」と語った。

だが、こうした催しに否定的な見方もある。第一回「ミス地雷」が昨年アンゴラで開かれた際も、賛否両論が起こったという。人権団体アドホックの女性計画職員リム=モニー女史は、「『ミス』という言葉は、非常に美しいという意味だ。彼女たちは障がい者なのに、そのようなコンテストに参加させられている。これは正しくない。なんだか彼女たちが馬鹿にされているようだ」と語った。

2009年07月30日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.