カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]国権レイプ、被害女性に改めて詳細聴取へ カンボジアウォッチニュース
2009年12月31日

1975年から1979年の間にポル=ポト派統治下のカンボジアで行われた強制結婚や権力をかさに着た強姦について、国連支援によるクメール ルージュ戦犯裁判の原告弁護団は、被害女性たちからあらためて詳細な被害内容を聞き取り調査することを8日発表した。

法廷はすでに36人の強制結婚被害者と23人の強姦被害者を証人として喚問、聴取を行なっているが、「具体的な詳細についてはまったく聞き取りが行われてこなかった」として、被害女性たちへの再聴取でもっと詳細を聞き取ることに決定したという。

原告弁護団は「この必須にして長らく待たれた処置を強く歓迎する。これにより、民主カンプチア時代における数十万人の犠牲者に対する犯罪行為が、深刻で悲惨な人道に対する罪であると認識されることになろう」とのコメントを8日発した。

ポル=ポト政権は、市民の少子化を頽廃と非難して若年女性の結婚を奨励し、拒む「新婦」は党員らが押さえつけて「新郎」に性交させたと一部で証言されているが、被害女性の心情や、そのまま今も夫婦でいる人々とその子・孫の心情を慮る気持ちがカンボジア人の間に強く、これまで組織的な本格調査は行われてこなかった。

2009年12月31日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.