カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]医学誌の幼児死激減報告に不審感、専門家ら カンボジアウォッチニュース
2010年05月25日

24日発行の医学誌「ランセット」に掲載された、カンボジアにおける1歳〜5歳の千人あたり幼児死亡率が2008年国勢調査時の83人から2年間で12人へ激減したとする調査論文について、カンボジア国内で従事する専門家らは同24日、一様に疑念を表明した。「ザ プノンペン ポスト」紙が今日25日伝えた。

プノンペン市厚生局のパウ=リナー児童産婦厚生部長は「この数字は、プノンペンにおける幼児死亡率を示しているのではないか。地方の幼児死亡率は依然高く、それが問題だ」と述べた。

NGO「ケア インターナショナル」のシャロン=ウィルキンソン カンボジア代表は、同論文が1歳未満の千人あたり乳児死亡率が2008年国勢調査時の65人から2年間で24.5人へ激減したとあわせて述べていることにも驚きと疑念を示し、調査がどのような方法で行われたかを知らずにはコメントしがたいとしながらも、出生届が出されないケースも多々あるため正確な統計数字は集めにくいはずだと述べた。

モーム=ブンヘーン厚生相は同誌論文の正確さについて論評を控えた。

2010年05月25日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.