カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]病欠休の診断書提出義務に抗議、女子工員2名負傷 カンボジアウォッチニュース
2010年07月29日

カンボジアのプノンペン市サエン=ソック区のPCCS社縫製工場で、19日に停職処分とされた労組職員マーン=チャンナー氏の復職を求めて21日からストライキに入っていた工員約3千人に27日朝、警官約50人が棍棒と盾で介入、女子工員少なくとも2名が棍棒で殴られて軽症を負った。自由労働組合(FTU)のチア=モニー会長が同27日発表した。

町警察のペン=トル署長は、工員たちが敷地から道路へはみ出して来たので押し戻すために介入したと述べるとともに、殴ってはいないと述べた。

同社のエリック=マ管理・人事部長は、この介入で負傷者が発生した事実はないと述べた。

チャンナー氏によれば、同社では最近、病欠休を有給で取得する際には医師の診断書を提出するよう全工員に義務付けたので、それに抗議したところ停職処分とされたという。

これに対しマ部長は、チャンナー氏が工員たちに断りなく診断書を偽造していたので停職処分としたと述べた。

2010年07月29日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.