カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[社会]疫病で「呪術師」一家に怒号、くかたちかいなく カンボジアウォッチニュース
2011年05月18日

カンボジア東北部ラタナ=キリー州オー=ヤダーウ郡サオム=コル村で、4月上旬に多くの村民が熱病にかかったのは、村に住むロチョム=チャー氏(52)の呪力によるものだと村民たちが信じている。『ザ プノンペン ポスト』紙が17日付で伝えた。

サオム=コル村は、人口200人に満たない少数民族チャラーイ人の村で、チャー氏もチャラーイ人。郡知事・郡警察長官・郡軍警察は事態を重く見て16日村民と会合を開いたが、チャー氏によると、出席したチャー氏に村民およそ200人が激しく罵声を浴びせ、「怒りを抑えきれず殺してしまうかもしれない」と叫んだ。村民たちはチャー氏一家30人に対し、村から出ていくよう求めている。

ソル=ビエン村長は、チャー氏が呪術師だと信じていると16日述べた。なぜなら、チャラーイ人のしきたりに従ってロチョム=チャーの神に捧げ物をしない限り、村民の病気は治らないからだという。

「この村の家族は病気になるといつも、しきたりに従って豚の頭と酒をロチョム=チャーの神に捧げない限り、決して治ることはない。不思議なことに、他の神の名を唱えてしまうと、病は治らないのだ」と村長。

村民プリアン=プオンさんは「村民たちは100パーセント、ロチョム=チャーが呪術を会得していると信じており、彼はこの村にもはや住むことはできない。もし聞き入れないなら、村民たちは彼の家族の命を保証できない」と16日話した。

チャー氏の家族によると、チャー氏は1982年にも呪力を使ったと村民たちから疑われており、その時はチャラーイ人のしきたりにより、融かした鉛を手に流し、手のひらがただれなかったことによって潔白を示したという。

カンボジアではラタナ=キリー州コーン=ムム郡スリアンコーン村で2002年、呪術師とされた一家を、村民たちが村長・地区長の支援のもとで火あぶりに処している。

2011年05月18日
カンボジアウォッチ編集部

Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.