カンボジア好き集まれ!
Google
Web locomo cambodiawatch
トップ プノンペン シェムリアプ その他の州 コラム 特集 生活情報 旅行 ビジネス CW編集部
 ニュースカテゴリ−
 社会
 政治
 経済
 法律
 三面
 日系
 生活
 特集
 芸能
 情報
 国際
 スポーツ
格安カンボジアホテル予約
シエムリアプ(アンコールワット)
プノンペン
シアヌークビル
カンボジア旅行予約
カンボジア旅行のことなら、ロコモトラベルにお任せ!
LOCOMOTravel
カンボジアビジネス支援
・外資100%現地法人設立
・カンボジアへの視察
・事業化可能性調査
 カンボジアビジネスは弊社にお任せ下さい。ロコモはカンボジアにおいて1996年より、投資サポート・輸出入物流・生産受諾・ITプロジェクト・取材コーディネート・広告代理・旅行といった様々な事業を行っております。培ってきた当国との信頼関係を背景に、日本との更なる経済関係発展を目指します。
LOCOMO CO.,LTD.

トップニュース一覧
[スポーツ]ナショナルサッカーチーム、負け越したが上達した カンボジアウォッチニュース
2008年10月01日

韓国の並みいるサッカーチームにソウルで8ゲーム中6ゲームを負けはしたが、カンボジアの男子ナショナルチームは意気揚揚と帰国した、と関係者は火曜に述べた。

カンボジアサッカー連盟事務局長Ouk Sethycheatによれば、ナショナルチームのメンバー33名は、21日間の韓国での特訓と親善試合漬けを終え、9月27日帰国した。

Ouk Sethycheatによれば、チームの今回の遠征初試合は光云大学サッカー部に0-5で敗れたが、パフォーマンスを強化した結果、今度は東国大学FCに2-2で引き分け。

Ouk Sethycheatによれば、カンボジアはまた水原市FCに1-4で、国民銀行FCに1-7で、仁川大学FCに2-5で、慶熙大学FCに0-4で、崇実大学FCに0-6で敗れた。だがナショナルチームは韓国海軍のサッカーチームからは6-2で勝利を勝ち取ることができた。

6つの試合を大差で負けはしたものの、カンボジアのコーチPrak Sovannara(チームの韓国人前コーチ ユ=キフンに替わって7月に就任)は、今回の遠征は成功だと語った。

同氏:「とくに重要なことは、並みいる強豪のチャンピオンチームとプレーしたことだ。4〜5回ゴールを取られはしたが、我々のレベルは向上した」

Prak Sovannaraはさらに、「我々は努力を重ねて十分に備えてきた」と、10月17日にプノンペンのオリンピックスタジアムで開かれる2008年ASEANサッカー連盟スズキカップ選手権予選大会へのチームの意気込みをアピール。

カンボジアはこの10月の大会で、ブルネイ・ラオス・東チモール・フィリピンと対戦することになっている。

Ouk Sethycheatは、韓国での試合は勝つためではなく、経験を得るためだったと述べた。「我々が試合をプレーしたのは勝つためでなく、技術を体得するためだ。我々のディフェンスと中盤の強みと弱点を知りたかった」

なお、Ouk Sethycheatによれば、今月に予定されていたベトナムの特訓キャンプへのナショナルチームの遠征は、施設がベトナムのU16ナショナルチャンピオンシップトーナメントで使用されているためキャンセルされた。



2008年10月01日
カンボジアウォッチ編集部
Copyright 2007 Cambodia Watch, All rights reserved.